お金はいざという時に必要

2016/03/18

収入をアップさせよう

収入をアップさせよう

看護師の貯金術!看護師は一般的に収入も高くお金を貯めやすい職業だと思います。現在助産師として働く私も看護師になってからコツコツとお金を貯めていて、最近では効率良く貯金する方法も分かってきました。貯金を増やしたい看護師やこれから貯金を始める看護師の皆様に上手なお金の貯め方をお伝えします。当サイトへのお問い合わせ>>tmi_money@yahoo.co.jp

いざという時のために

いざという時のために

こんなにお金がかかるの?とびっくりしてしまうのが、人生の節目で必要となるお金です。また、時として予想外の出費を迫られる場合もあります。あの時お金があったら…と後になって後悔しないようにいざという時のために貯金を始めましょう。

幸せを感じるにはお金が必要?

いざという時のために

長年看護師として働く私は、若い頃は欲しいものはすぐに買っていましたし将来に向けた貯金なんて必要ないと思っていました。また、実家にいる時は光熱費を気にした事はありませんし、食費が毎月どの位かかっているかも考えた事のないお気楽な独身時代を過ごしていました。ですが、独立して初めて毎月の生活費が思った以上にかかる事を知りました。また、自分が思い描いていた結婚式を挙げるにも、何不自由なく子育てをするにもお金が必要です。更に超高齢化するこの世の中を考えると、自分の老後も年金だけで暮らしていけるか不安になります。お金は普段から不自由しないのが理想ですが、本当に必要な時にお金をかけられる方が幸せを実感できるのではないでしょうか

幸せな人生を送る貯金とは

いざという時のために

長い人生を送る中で、ここぞという場面でお金を使います。まずは学生から社会人となって独立する時です。大学から親元を離れて暮らしている人はそのまま独立する場合が多いでしょうが、社会人となって初めて独立する人は部屋を借りなければいけません。敷金から礼金、補償金、生活用品の購入などを考えると家賃が安い部屋を借りても50万以上のお金が必要となります。また結婚を考えた時の結婚費用も、自分の希望次第で金額は異なりますが多額な費用がかかります。その後子供ができたら出産費用や教育費、家族が増えたらマイホーム購入と多岐に渡ってまとまったお金が必要になります。この様な時に普段からの貯金がいかに大切なのかが分かると思いますし、いざという時にお金をかけられると満足感が違います。貯金が無い方は今からでも良いのですぐに貯金を始めましょう。

当サイトの閲覧方法

いざという時のために

当サイトを安全により快適にご利用いただく為に、下記の環境を推奨しております。画面が表示されない場合や気になる点がある場合は、以下の点をご参照ください。
・Windows
Windows Vista以降
Internet Explorer 7 以上、Firefox 2.0 以上、Google Chrome 1.0 以上
・Macintosh
Mac OS X / OS X
Safari 3.0 以上 / Firefox 2.0 以上
・Linux
各種ディストリビューション
Firefox 2.0 以上
・iPhone, iPadiOS5以降
Mobile Safari、Google Chrome
・Anroid搭載末端
Android2.1以降
標準ブラウザ / Google Chrome
■JavaScriptについて
当サイトをより快適にご利用いただく為に、JavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効な環境でも十分快適に閲覧できるよう調整しておりますが、一部コンテンツが正しく動作しない場合がありますのでご了承下さい。
■SSLについて
当サイトは、一部のコンテンツにおいてSSL(セキュア・ソケット・レイヤー)暗号化通信を使用しています。大半の閲覧環境からは問題なく閲覧いただけるよう、お客さまが入力される名前や住所、電話番号などの個人情報を自動的に暗号化して送受信します。万が一、送信データを第三者が傍受した場合でも、内容が盗み取られる心配はありません。推奨環境にあるブラウザは対応しておりますが、SSLについての詳細はSSL総合解説サイトをご参照ください。


当サイトへのお問い合わせはこちら>>tmi_money@yahoo.co.jp

合わせて読みたい記事!